のだめ登場人物紹介

のだめカンタービレ登場人物


のだめ(野田恵)
上野樹里
奇怪な言動(ぎゃぼー。むきゃー)や行動が目立つが心は優しく、ナイーブ。
意外とグラマー(原作でDカップと判明)で高校時代はモテていたとの設定。
留学編でも多数の異性に好意を持たれているのでモテ期は継続中の様子。

千秋真一
玉木 宏
帰国子女で金持ち。性格は我も強くオレ様。しかし生来の面倒見の良さや構われなくなると寂しくなる性質から、ついついのだめや友人を甘やかし、面倒を見てしまう。ピアノ科生徒でありながら本来の目標である指揮者への道を歩む。

峰 龍太郎
瑛 太
桃ヶ丘音楽大学の裏にある中華料理屋「裏軒」の一人息子。ファザコン。
当初はエレキヴァイオリンでロックを表現しようとしていたが、千秋との出会いなどからクラシック一本で進むことを決める。
Sオケのコンマスであり、未熟だった技術も飛躍的に進歩を遂げてゆく。

三木清良
水川あさみ
原作ではニナ・ルッツ音楽祭からの登場だが、ドラマ版では桃ヶ丘音楽大学の生徒として初期から登場する。
Aオケのコンマスであり、技術・心構え共にSオケコンマスを凌駕する。
口調は厳しいのもの、仲間思い。

奥山真澄
小出恵介
通称「ますみちゃん」れっきとした男性だが、心は純情乙女。
千秋にLoveだが、遠くから見ていれば良いと思うタイプ。が、突然ののだめの出現に千秋に対しても音楽に対しても積極的になる。
アフロヘヤーと口ひげが特徴。担当楽器はティンパニー。

多賀谷彩子
上原美佐
千秋の元彼女。声楽家を目指すがスランプに。将来優秀な男には目ざとく、千秋がスランプから脱した途端に未練が生まれる。
スランプ中、音楽を棄てようと思うが、ライバルの菅沼がそんなふらついた自分をマネてオペラを演じたことを知り、自分を見つめなおした。
その後スランプも脱し、再び歌の世界に生きる事を決める。

大河内守
遠藤雄弥
指揮科の学生。千秋を意識し服装なども似せるが周囲からの反応は薄い。
シュトレーゼマンがAオケの指揮を投げ出した為、大舞台でのチャンスを得るが結果は悲惨なものに。
自称「千秋の盟友」

佐久 桜
サ エ コ
コントラバス奏者。のだめを上回る大食い。父親が趣味で集めたバイオリン(億単位の名器)の中に呪いの一品が混じり家計が崩壊寸前に。
その後父親が考えを改め、名器ともども手放した事で家計も復帰し、遅れていた練習不足を取り戻す。
身長146cm コントラバスを担いで歩くと、コントラバスだけが動いているように見える。

フランツ・シュトレーゼマン
竹中直人
世界的に有名なドイツ人指揮者。音楽家としては優秀だが、それ以外は難有り。ズバリすけべ。千秋の師匠。
かつてピアノを学んでいたが、ミーナこと現桃ヶ丘音楽大学理事長に「指揮者の才能がある」と指摘され以後指揮者を志す。
来日時に「ミルヒ・ホルスタイン」(牛乳)というあからさまな偽名を使った。その為今でものだめに「ミルヒー」と呼ばれている。

黒木泰則
福士誠治
オーボエ奏者。ドラマ版で真澄ちゃんが名づけたあだ名は「くろきん」
その実直で義理堅い性格と古風な容貌は「いぶし銀の武士」といった印象を与える。飲み会のシーンでは一人お銚子をあけるなどまさに武士。

菊地 亨
向井 理
チェロ奏者。国内コンクールで優勝経験もある(ドラマ8話参照予定)実力派だが、生粋の女ったらしの為トラブルもチラホラ。
R☆Sオーケストラ内の女の子には手を出さなかった。(独白でまた帰ってこれるから、と言っているシーンがある)

木村智仁
橋爪 遼
バイオリン奏者。コミックス版ではニナ・ルッツ音楽祭で登場。ドラマ版では黒木、菊池と同じく桃ヶ丘音楽大学に三木の誘いを受けて登場する。
あだ名は沙悟浄(木村は峰を孫悟空(サル)と呼んでいる)。峰との合言葉は「ガンダーラ!愛の国」

佐久間学
及川光博
音楽評論家。作中の雑誌『クラシック・ライフ』で『夢色☆クラシック』というコーナーを担当している。佐久間の流麗(かつ難解)なポエム記事にはファンが多い。 雑誌編集者の河野と組んで千秋を後押しする。コミックスで千秋が名刺を貰った際その名前から「ケイコとマナブ」を連想した。

河野けえ子
畑野ひろ子
雑誌編集者。コミックス版ではニナ・ルッツ音楽祭で千秋に目をつけ、佐久間に紹介する。佐久間の難解なポエムを訳せる貴重な人材

江藤耕造
豊原功補
桃ヶ丘音楽大学ピアノ科教授。大阪府出身で関西弁の熱血教授。通称ハリセン。権力も実力もあるものの、千秋とはウマが合わず指導を投げ出す。
が、後々それをずっと悔やんでいたらしく、のだめを才能を垣間見た後は同じ轍を踏まないことを決め、トレードマークのハリセンも捨てて、のだめの指導に尽力する。

谷岡 肇
西村雅彦
桃ヶ丘音楽大学ピアノ科教授。通称「落ち専の谷岡」(落ちこぼれ専門)
人は良いがやる気に欠ける(本人曰く「やる気のない生徒にやる気を出させるほど、やる気のある教師ではない」とのこと)
江藤にのだめを引き渡した後、のだめの成長を「個人的に」楽しんでいる。




のだめHOME