のだめカンタービレ!アニメ特集

のだめカンタービレ
アニメ版 Lesson 22


のだめLesson22
みどころ

コミック収録範囲
9巻36P〜98P

今日の料理

コンクール最後の曲にして演奏中断というトラブルを起こしてしまったのだめ。
静まり返る観客席。そして再び弾き始めたペトルーシュカだが、記憶が混濁しているのだめは作曲しながらアレンジして弾いてしまう。

コンクール1位は?

観客と審査員を心掴んだのだめ。
しかしコンクールの場で曲を変えて演奏することは論外な為、のだめは選考からもれてしまう。
結果としてコンクールの2位が瀬川悠人。1位は該当者無しという結果でマラドーナコンクールは幕を閉じる。

俺と一緒に...

コンクール会場を足早に立ち去ろうとするのだめを千秋は呼び止める。
千秋は一緒にヨーロッパへ行こうとのだめを誘うが、のだめはこれ以上勉強なんてしたくないと言い誘いを断る。

のだめ失踪!?

千秋の誘いを断ってからのだめの部屋からはピアノの音が消えてしまった。
当ののだめは実家の福岡に帰省して毎日ピアノも弾かずダラダラと過ごしていた。

千秋と佐久間

千秋は夢色クラシックの佐久間と打ち合わせ。R☆Sの後任指揮者の件で話し合う。
千秋はいろいろと協力してくれる佐久間に礼を言い、何故こんなに助けになってくれるのかを問う。
佐久間は「歴史に名を残す音楽家は才能だけでなく人との大事な出会いがある。僕もその一人になりたいんだ」と明かした。

千秋最後の公演

進化・変幻と銘うたれたR☆Sオーケストラの第2回公演。
主要メンバーがほとんど替わるという不安も持たれた公演だったが、新メンバーのスキルも高く好評を得る。
ヴァイオリン協奏曲では三木がそのダイナミックな演奏で観客の心を掴んだ。

進化するオーケストラ

ヴァイオリン協奏曲が終わり、その進化を後任指揮者の松田にも認めさせた千秋。
最後の曲はベートーベンの交響曲7番。日本での学生生活最後の曲はSオケで千秋がシュトレーゼマンにダメ出しされた曲だった。
思い入れのある曲を前に今千秋は舞台に上がる。

のだめアニメTOP
のだめHOME

Copyright(c)2006-2011
のだめカンタービレFUN Lesson 22
All Rights Reserved.