のだめカンタービレ!アニメ特集

のだめカンタービレ
アニメ版 Lesson 15


のだめLesson15
みどころ

コミック収録範囲
6巻166P〜7巻32P

エルガーの音

早朝の三善家に広がるエルガーは、三善家の人々を起こす。
亡き祖父(父)の好んだ音楽家が残したヴァイオリンソナタは、三善家に漂っていたわだかまりを溶かして行く。
また同時に、千秋ものだめとの演奏に心酔していく。

のだめの進路

三善家との別れの際、留学を勧められるのだめだが幼稚園の先生になるという希望を明かすと、三善家総出で反対される。
千秋ものだめは演奏家として進むべきだと思うが、ラフマニノフの時の様にのだめ本人が望まない限りその道は続かないだろうと悟っていた。
千秋はのだめを演奏家の道に引っ張りあげる為、自分の事を頑張ってのだめに示そうと考える。

新しいオケの顔合わせ

学園で新しいオケの打ち合わせを三木などの主要メンバーとする千秋。多少の参加者は候補が挙がっているものの、全体的な数は足りない。
そこに千秋の携帯へメールが入り、峰がAオケ入りした事が報告される。「弦がひとり追加」と嬉しそうに三木に話す千秋。

ハリセン再び

のだめの担当教師がなんとハリセン(江藤)に。のだめはハリセンの指導方針に徹底的に拒否反応を表す。
しかしのだめの拒否反応に反し、江藤は二度と生徒を投げ出さないと心に決め、トレードマークのハリセンの強度とサイズを縮小しようと誓う。

結成飲み会

新しいオケの結成飲み会。メンバーも70名程集まりベートーヴェンが出来るまでの数になった。
音楽の話題で盛り上がるメンバーにSオケの飲み会との雰囲気の違いに心を落ち着かせる千秋。
しかしわずか30分で騒々しい集団の出来上がり。
千秋はソリスト志望を訴えるメンバーに戸惑いながらも感心し、自信に満ち溢れた演奏者が集まった事を喜ぶ。
そして演奏する曲目を「オーボエ協奏曲を黒木をソリストにして演ろう」と発表する。

のだめアニメTOP
のだめHOME

Copyright(c)2006-2011
のだめカンタービレFUN Lesson 15
All Rights Reserved.