プリブレ:シーズン2

プリズンブレイク
再会


6.[Subdivision(原題)]

冒頭でヘイワイヤがシーズン2初登場!
シーズン1のラストのままアメフトヘルメットを被って移動中。
ファーストフード店の窓から中に侵入し商品(アイスやらコーラやら)を好き勝手に盗りまくり、しまいにゃ頭からコーラを被る始末。
ノリノリで楽しんでたら、店員が出勤してきてバッタリ。慌てて逃げるヘイワイヤ。彼はまたしても民家の窓から侵入し、ポリスをやりすごす。
そこには目の不自由な老婆が住んでいた。老婆は彼を息子と勘違いしサンドイッチを振舞ってもらう。民家に飾ってあったオランダの風景画をいたく気に入った彼だが、老婆にバレて切り取って盗んでいく。再び逃走。
さてこちらは前回のラストでガチョーン状態のマイケルらご一行。
マイケルは落胆しつつも、「どこかにサイロはあったハズだ。その場所を探り当てる」とやる気を出し、サイロの場所を推理する。
主導権を握りたいティーバッグはなにかと突っかかったセリフをポンポン吐くけど、マイケルに「お前が地図を思い出せないなら用無しだ!車から放り出すぞ!」と言われて、なんとか地図の記憶から農場の真ん中に木に囲まれた母屋があった事を思い出した。 三人は車を降り(トゥイーナーはトランクの中)あたりの景色から推理の幅を狭めていく。
目の前に広がる木は最近植えられた小さなものだが、一箇所大きな樹木があることに気付く。
マイケルはその樹木の左右どちらにサイロがあったのかを、樹木に当たる日光の量からズバリ推理し、今はガレージになっている場所にあったと特定する。
さっそくガレージに突撃!と思ったら、女性が一人出てきた。
「おいおい人がいるじゃんよ」とがっかり。これは作戦練んないとなぁ、ってカンジでその場を去る。
車のトランクからトゥイーナーを出し「コレで必要なもの買って来い!」と命令する。
トゥイーナーは「オレの取り分は?パシリじゃないんだぜ」みたいな事を言っているけど、マイケルに「お前が信用できて仕事がこなせるならその話をしよう」と言ってお金と車のカギを渡される。
てな訳でトゥイーナーは購入物リストを持って再び町へ。ガソリンも入れて1時間後にこの場所で落ち合うことになった。
こちらスクレ。
傷心ムードを漂わせベガスからユタに向かって爆走中!
途中でシーノートとばったり出会う。シーノートは500万ドルの在り処を知ってると言い、スクレは(仕方なく)シーノートと一緒に行動する事になった。
サラの元にまた郵便。
中身はまたまた[折り鶴]で彼女はこの不可解な数字の羅列[786-369-6468]の意味が判らない。
とりあえず電話してみるものの繋がらない。マイケルはなにがしたいんだ?という顔のサラ。
マホーンはD.Bクーパーの事件担当だった男に資料を見せてもらい、事件当時に唯一D.Bクーパーと接触したと思われるスタンドの店員に会いに行く。
マホーンはD.Bクーパーが給油を行う時、朝と夜のどちらに満タンにしましたか?」と尋ねると、情報提供者は「両方、満タンにしたよ」と教えてくれる。
メモに書きなぐって計算を始めるマホーン。12時間の間に2回満タンに給油した事実から、満タンが16ガロンだとして、1ガロンで8マイル移動が可能になる。
16×8=128マイル、往復で128÷2=64マイル(約100キロ)
ついにマホーンはスタンドから半径64マイル以内に500万ドルが隠されている事にたどり着く。
今度マイケル達の情報が入ったらその近くに必ず居ると推理!
サラの父親、フランクは大統領に会いにホワイトハウスへ。
そこで、大統領にリンク達の情報を報告しに来たケラーマンを見かけ、サラと会っていた男(ランス)が陰謀の中にいる事に気づき慌てる。
フランクはサラに電話し「あの男、ランスはランスじゃない!お前の言ってたことは正しかった!」と撒きたてるが、サラの目の前にはランスの姿。
フランク、サラ共にピンチ?
マイケルに助けてもらった商店街の園芸店まで戻ってきたトゥイーナーは、その店の店主の友人が突然現れ、ポリスに連絡しようとしてたので殴って逃げた。
マイケル達は、ガレージのある家の送電線をブチっと切ろうとしてる。そこにトゥイーナーがキョドって帰ってきた。
様子がおかしいので問い詰めたら、園芸店での事を話すトゥイーナー。送電線どころかマイケル達もブチ切れ。
トウイナーが抱える荷物を受け取り電気工に変装して訪問。女主人に怪しまれたがそこはマイケルスマイルでゴマかした。
作業開始!と思ったらスクレとシーノートが現れる。強引に仲間入りする二人。女主人はなんでこんなに作業員が増えるのよ、とバリバリ怪しんでたが、うまく言ってさらにゴマかす。
通報されても困るので、見張り役でティーバッグが女主人の相手をすることに。片手使えないから穴掘れないしね。

ザックリ掘ってサイロの土台と思わしきコンクリにぶつかったとき、トゥイーナーは車にガソリンを入れ忘れた事に気づく。
リンクに一喝され、渋々ガススタへ向かう。 その頃、マホーンは例の園芸店まで来ていた!
トゥイーナーがガススタに到着すると、明らかに店員の様子がおかしい。
ハっと気づいたら自分の手配写真が貼られている!既に通報されていたらしい。
ダッシュで逃げようとすると、そこに遂にマホーンが現れる!必死に逃げたが追い詰められ結局タイホ!
マホーン「他の連中はドコだ!吐け!!!」
リンク並に怖い。
マイケルが「お〜いティーバッグ?」と呼ぶが無反応。ヤバイ感じがしたマイケルは慌てて2Fまで駆け上がる。
でもティーバッグは女主人を殺したりしてはいなかった。マイケルが変な様子に気が変わったのか、女主人は「今すぐ出てけ!」と言う。
その時!ポリスが到着。咄嗟に女主人の首下にナイフを突きつけるティーバッグ!
「ゴラァ言う事きかんかぃいいい」
天才的悪役です。

*見易さ・読みやすさを考え、実際のドラマ時間軸と異なる部分があります。
To be conteinued