プリズンブレイク:あらすじ


「決行!」
アブルッチは血を噴出しながら、ヘリで緊急移送。
脱出メンバーが一人減った。(チャーター機はどうなるの?という疑問残るけど)

穴が発見されそうだったとは言え、看守を殴っちゃったお兄ちゃんは独房入り。
面会謝絶、脱出ルート確保できたのにまた大ピンチ

シーノートスクレリンク抜きで決行しようと持ちかけるがマイケルは当然NO
しかしメンバーも納得できない。マイケルは孤立してゆく。
みんなそれぞれ引けない理由がある。

シーノートマイケルを裏切ってでも脱獄するようなことを匂わす。
娘のことが気がかりなおじいちゃんも便乗したくてウズウズしている。

シーノートは家族に電話した。家族には彼がイラク戦争に行っていることになっている模様。
例のイラクの絵葉書はこういうことだったのね。
奥さんに「もう少しで帰るよ」奥さん喜ぶ。
シーノートのハラの中ではマイケルを裏切る事を覚悟完了したって事に。

マイケルスクレの見ている前で自分の腕をカミソリで切り、腕の中から錠剤を取り出す。
それを十字架に隠し、神父を経由してリンクに渡す。
リンク、錠剤と「8:10に食え」というメモを見つける。

マイケルはメンバーに「今夜9時決行」を告げる。
独房のリンクをどうするかは言わない。

いつもの仕事が始まり、メンバーは倉庫に集まる。PIの仕事は5時で終了だが、わざと水道管を壊し、そこらじゅうを水浸しにする。
ベリックを挑発してまんまと「も〜お前ら今夜は徹夜で直せプンプン」と言わせる。ベリックは怒って監視もしない。ベリックやっぱ筋肉バカだわ。

8時10分。リンクマイケルのメモ通り薬(正露丸みたいだ)を飲む。と、苦しみだして医療室に運ばれる。なるほど。
でもサラにもバレない上、脱出する体力を温存できる苦しい薬ってなんなんだ?
毎回ドラえもんの様にアイテムを出すマイケル。きっと今度は足の裏や耳の裏からとか出すに違いない。

さて、9時!ついに決行!各自トンネルの進入開始!
予定通り医療棟の診察の真下(リンクの足元)に到着。頭上のダクトは4話で使った薬品のおかげで腐食してボロボロになっているハズで、バチコーンと突付けばリンクと合流できる・・・・・・ハズだったのに!

なんと、腐食していたダクトが新品のものに交換されていた。
一同あぜん。
マイケル「ごめん。むり」
脱・獄・失・敗