プリズンブレイク:あらすじ


「悪魔の孔part2」
前回からの続き。
暴動はさらに悪化してゆく。サラ女医のいる医療棟まで暴徒が入り込んでいるのもあって、サラの親である知事までやってくる。
知事はいままでサラをほったらかしにしていたくせに、管理不届きとポープを責める。自分勝手だなぁ。

マイケルは単独でサラを救出に向かう。間一髪で暴徒からサラを救いダクトへ引き上げ脱出。もうサラマイケルにメロメロ。タイチもあなたもメロメロ。

その頃リンクケラーマンが送り込んだ刺客と戦闘中。巧みな反撃!おとなしく情報吐けやぁ!コルゥア!と思ったら反撃しすぎで刺客死亡。
リンクやりすぎに反省。

マイケルは無事にサラを救出し洋々と脱出中。サラにどうやって医療室まで来れたのか質問されるが、あらかじめ考えといた「PI(刑務所内の作業)の初仕事がダクト清掃だった」という超人的なIQで生み出されたウソで納得させる。
途中何度か暴徒に襲われそうになるものの安全な場所まで移動完了!さながらメタルギアスネークですな。
サラを移動させてマイケルは自分のセルへ。その前にリンクマイケルのセルへ到着。リンクティーバッグマイケルのセルにいる事にいたくご立腹。まぁティーバッグはバカだし嫌われ者だしキモいし変人だからしょうがない(いいすぎ?)

そこにマイケル到着!がっしり抱き合う兄弟!
すごい良いシーンの傍らで捕まっている(ガクガクブルブル)看守の新人ボブを殺したくてウズウズしている我らがティーバッグ

ボブアブルッチマイケルに内緒にしてるなら助けてやると逃がされるが、目を離した隙にやっぱりティーバッグに殺される。無常。

塀の外ではサラの無事を確認した突撃隊が刑務所内に突入。
中庭でその光景をみているサラは通りかかった刑務所の役人とおぼしき人物にマイケルの言っていた「ダクトの掃除」について聞く。
役人はそんなの知らないと答える。 サラの頭の上にでっかいクエスチョンマーク。(助けてくれたんだから細かいこと気にすんなよ、と全国1000万人位の男性が思ったに違いない)