はじめての延滞

はじめての延滞
オススメはレイク

はじめての延滞について。

はじめての延滞
キャッシングを利用する中で、「はじめて延滞をしてしまった!」

どんなに注意していても、うっかり忘れや急な出張、入院等のトラブルでこうした事態は起こり得るものとも言えます。

不可抗力による延滞の場合、事前に返済が遅れることを把握出来ない訳ですから仕方ありませんが、事前に延滞することが分かっているなら、積極的にキャッシング会社に返済が遅れてしまう旨を連絡しましょう。

特にはじめて延滞をしてしまう場合には、この電話連絡を入れたか入れないかで、その後のキャッシング会社の対応も大きく変わってきます。

たとえば、事前に延滞してしまう事を連絡しておいたAさんは、キャッシング会社から返済日の再設定をして貰い、延滞してしまった期間の遅延利率を支払うことで、その後も同条件で利用することができました。

しかし、延滞する事を連絡せず1週間もキャッシング会社からの電話連絡を無視してしまったBさんは、遅延利率だけでなく、利用限度額の大幅な減額(30万から3万円に引き下げ)というペナルティが課せられてしまいました。

キャッシング会社としても、返済が遅れるだけでなく連絡も付かないような人物には今後の融資が難しいと判断せざるを得ない為でしょう。

延滞をしないことが前提ですが、はじめて延滞をしてしまう場合には、必ず電話連絡をしておきましょう。

「この人なら遅れてしまってもちゃんと返済される」という安心や信頼感は、キャッシング会社と上手に付き合うのにとても大切なものだといえるのではないでしょうか。


[はじめてのキャッシング]
[最短キャッシング]