====================
ローンの保証会社とは
====================

保証会社とはいったい何でしょう?

銀行のカードローンなどを利用する際に、契約書をみると保証会社についての記載があると思います。

銀行の窓口で申し込みをした場合は、担当者からも詳しく説明を受けるかもしれませんね。

ローン契約時の保証会社とは、「あなたの代わりに保証料をウチが支払いますよ」という事になります。

たとえば、プロミスが保証会社になっている銀行のカードローンであれば、保証料をプロミスが受け持ってくれる訳です。

仮にローンの支払い中、万が一、債務不履行(ローンの返済が出来なくなった時)になってしまったとき、あなたのローン残金を銀行に支払ってくれるのも保証会社です。

ローン残金を代わりに払ってくれると言っても、ローンそのものが消えるわけではなく、ローン残金の支払い先が銀行から保証会社に切り替わる形になります。

つまり、保証会社はあなたが債務不履行になった際の債権引受人という概念になります。

保証会社がプロミスとなっているのであれば、以降の返済はプロミスへと支払う訳ですね。

なお、総量規制の対象外となる銀行のカードローンですが、保証会社が消費者金融であっても総量規制の対象外となります。

保証会社が消費者金融だからといって、年収の3分の1しか借りられなくなる、という訳ではありませんので、ご安心ください。


[キャッシング豆知識目次へ]
TOPへ戻る