====================
グレーゾーン金利
====================

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律、いわゆる【出資法】と、【利息制限法】の2つの法律の間に生じる金利(利息制限法で定められた金利を超え、出資法までの間の金利部分)を指します。

具体的には、【出資法】の上限金利が年利29.2%であることに対し、利息制限法の上限金利(元本10万円未満の利息は年利20%、10万円以上100万円未満の年利は18%、100万円以上は年利15%)の間の金利帯がグレーゾーン金利です。

キャッシング業界、カードローン業界ではこのグレーゾーン金利での貸付を長らく行ってきましたが、過度な取り立てや自殺者の増加などの社会問題への発展を機に、改正貸金業規制法が施行され、平成22年6月18日に完全施行された同法によりグレーゾーン金利そのものが撤廃されました。

今後は利息制限法を超えた金利での貸付を行った場合、行政処分の対象となります。


[キャッシング豆知識目次へ]
TOPへ戻る