====================
ブラックリストとは
====================

キャッシングで使われるブラックリストってどんな意味?

良くキャッシング情報などで、[ブラックリストに載った]などの記載を見ますが、実際にはブラックリストというリストは存在しません。

では一体ブラックリストの正体とは何なのでしょうか?

一般的に私たちが住宅ローンを組んだり、銀行から融資を受けたり、消費者金融からキャッシングしたりするとこの[どこどこからいくら融資を受けた]という情報は記録されます。

もちろん、その返済までの過程も記録されます。

いついつまでにいくら返済した、延滞したなどの情報です。

これを『個人信用情報』と言います。

普通に返済し、滞りなく完済すれば何の問題もありません。

しかし、債務者(借主)側の返済過程になんらかの支障をきたした場合、その旨が信用情報に特記事項として記録されます。

この特記事項を『異動(事故)情報』と言います。

この異動情報が信用情報に記録されている状態を『ブラックリストに登録された(載った)』と表現するのです。

つまり厳密に言えば冒頭の通りブラックリストというリストが存在するのではなく、異動情報が信用情報に記載された状態のことを指す【通称】ですので、個人信用情報機関側にブラックリストと言っても通用しません。

[キャッシング豆知識目次へ]
TOPへ戻る