====================
銀行カードローンのメリット
====================

銀行カードローンで借りるメリットとは?

銀行カードローンをと契約し、借り入れすることは消費者金融系のカードローンから借入をするのと、一体何が違うのでしょうか?またそのメリットなどはあるのでしょうか?

改正貸金業法が完全施行されるまでは、銀行カードローンと消費者金融系のカードローン・キャッシングの間に【審査】が厳しい・優しいといった差や、その完了までの時間などに優劣が存在していました。

つまり、銀行のカードローンは審査が厳しく、申込みをしてもなかなか利用出来ませんでしたが、消費者金融系のカードローンであれば、比較的スムーズにカードを発行して貰え、融資を受けることができたのです。

消費者金融の上限金利が引き下げられるまでの間は、貸金業者も貸し倒れというリスクを高金利で埋めていましたので、貸付残高を伸ばす方向で進めていたようです。

しかし、改正貸金業法の完全施行によりグレーゾ−ン金利が撤廃され、個人の借入総額が年収の3分の1までと制限されるようになった今、総量規制の対象とならない銀行カードローンが利用者にとって圧倒的有利となっています。

具体的に言うと、年収が300万円の方であれば、消費者金融から複数社の総額が100万円までしか融資を受けることができません。

しかし、銀行カードローンであれば100万円を超える融資を受けることも可能です。

また、「預金」という潤沢な資金を利用出来る銀行にとって、資金調達を行わないといけない消費者金融よりも金利を下げて設定することが出来るのも大きなメリットでしょう。

店頭窓口を持たないネットバンクもカードローン事業に力を入れていますので、各銀行間の金利引き下げ競争も起こっています。

利用者にとっては、幅広い選択肢からのチョイスが出来るというメリットがあるのではないでしょうか?


[キャッシング豆知識目次へ]
TOPへ戻る