銀行カードローンなら総量規制対象外

銀行カードローンなら総量規制対象外
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適

銀行カードローンなら総量規制対象外!はじめての借入に最適です

銀行のカードローン
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適


銀行カードローンなら総量規制対象外!
平成22年6月18日に、約3年半の時間をかけて段階的に施行されてきた改正賃金業法が完全施行されました。

この改正賃金業法のコア部分となる『総量規制』は、個人の借入総額が年収の3分の1を超える場合、新たな借入が出来なくなるといったもので、キャッシングやカードローンの利用者にとって借入が出来なくなるという不安を募らせるものとなっています。

総量規制に対しての理解度は、施行後まもない環境においてまだまだ認識不足の感が否めず、キャッシングやカードローンの利用者の半分程度にしか伝わって無いとも言われています。

その為、総量規制についての情報も交錯しており、「どういったケースで総量規制に抵触するのか」「総量規制の例外や除外とは」「銀行のカードローンは総量規制の対象外なのか?」といった疑問が噴出しています。

結論から言うと、銀行カードローンなら総量規制対象外となります。
※銀行は貸金業法の対象外ですので、銀行のカードローン等は貸金業法の改正による規制によって借りられなくなるということはありません。

よって、三菱東京UFJ銀行のアコムや新生銀行グループのレイク、三井住友銀行のプロミス、または独立系のアイフルといった専業でのキャッシング業者で、借入総額が年収の3分の1既にあっても、銀行カードローンであれば利用が出来ることになります。

ただし、既に総量規制に抵触するほどの借入があった場合、銀行カードローンの審査で否決になる場合も考えられますので、これから真剣に『お金』の事を考え、その上で融資を希望される場合、まず最初に申込むべきなのが『銀行カードローン』と言えそうです。


無担保・無保証で借入
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適


[銀行カードローン]
[最短キャッシング]

最短キャッシング・安心金融案内銀行カードローン|銀行カードローンなら総量規制対象外

Copyright(c)2011
銀行カードローンなら総量規制対象外