銀行カードローンと改正貸金業法

銀行カードローンと改正貸金業法
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適

銀行カードローンと改正貸金業法の影響について

銀行のカードローン
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適


銀行カードローンと改正貸金業法!
改正貸金業法によって、一番の大きな問題となっているのは、個人の借入総額が年収の3分の1となると、あらたな借入が出来なくなる総量規制の影響でしょう。

情報が錯綜して、銀行カードローンも改正貸金業法対象となるのか、ならないのか等、当サイトでもお問い合わせを頂きます。

正しく改正貸金業法や総量規制について調べている時間が持てない方も多いと思いますので、下記にて改正貸金業法(総量規制)の対象となるケースをお伝えします。

総量規制の対象
キャッシングで年収の3分の1までの借入がある。
クレジットカードのキャッシング枠を使った借入が年収の3分の1ある。

上記の場合は、総量規制の対象となります。

総量規制に当てはまらない
銀行からのローン等の借入
銀行のカードローン利用。
クレジットカードのショッピング枠での買い物。

上記の場合は、総量規制の対象とはならず、住宅ローンや銀行のオートローンの場合も対象とはなりません。

つまり、銀行カードローンであれば改正貸金業法の影響は受けることなく借入が出来ることとなります。

今後は貸金業者からの借入ではなく、銀行カードローンへのニーズも強まるとも見られています。

新たに借入を検討される方は、改正貸金業法に影響されない銀行カードローンの利用が良いのかもしれませんね。


無担保・無保証で借入
頼れる銀行カードローン
はじめての利用に最適


[銀行カードローン]
[最短キャッシング]

最短キャッシング・安心金融案内銀行カードローン|銀行カードローンと改正貸金業法

Copyright(c)2011
銀行カードローンと改正貸金業法