「Lesson5」

音楽祭の準備が始まる。
は仮装オーケストラの考案を打ち出し、それにSオケメンバーも参加を表明する。

シュトレーゼマンが日本にいる事を世界で話題になっていないのか不思議に思った千秋は、ネットで真相をしり愕然とする。
千秋の目に飛び込んできたものは、『シュトレーゼマン失踪』の記事だった。

学園にシュトレーゼマンのマネージャー、エリーゼと護衛のオリバーがやってくる。
別れを惜しむ間もなく拉致され帰国するシュトレーゼマン

裏軒での食事中シュトレーゼマンが現れ、Sオケの指揮を降りること、Aオケでシュトレーゼマンとピアノ協奏曲で競演する事を強引に決められる。
強引に決められた事に戸惑う千秋だったが、エリーゼシュトレーゼマンの弟子という事がどれだけ得がたい経験なのかを諭され、自分の取るべき道を決める。

シュトレーゼマンの指導の下、音楽に、ラフマニフ:ピアノ協奏曲第2番に没頭していく千秋
魅せるピアノを掴めずにいた千秋は、Sオケの仮装(袴になった)オーケストラを見に行く。
そこで、自由奔放に楽しむSオケの公演から自分らしく演奏する事が最良と気づき吹っ切れる。

Aオケ公演スタート
演奏中に千秋は、これで最後になる師匠のレッスンに心残りを感じる。
公演は大成功で幕を閉じる。

千秋の演奏を聴いたのだめは、どうしようもなくピアノを弾かなくてはならない自分に慌てる。


To be Next Lesson


エピソードガイドTOP
のだめHOME